測量機器販売・レンタル

TOPCON|ニコン・トリンブル|Leica 他

ニコン・トリンブル FOCUS35
LockNGo / Robotic

最高レベルの生産性向上を追求、
現場を強力にアシスト

独自の自動クランプ機能により、本体の静止や静止状態でのデータ取得を従来のサーボトータルステーションと比較してより確実にしました。また、新しい追尾機構は、追尾時の反射物への干渉を軽減、確実にターゲットの追尾を行います。
● 快適で使いやすいエルゴノミクスなデザイン
● 3つのモータを駆使した StepDrive (TM) テクノロジー
● 内部画像処理による追尾を実現した LockNGo (TM) テクノロジー
● 旋回/追尾性能 90度/秒
● ノンプリズム距離 800m(KGC 90%)
● 土木施工管理支援ソフトウェア「LANDRiV for FOCUS」搭載


Leica 地上型3DスキャナーMS60

災害復旧現場や地物・構造物の測定、遺跡調査など、測量業界も3次元データが当然要求される時代に突入。3Dスキャナは大量の3次元ポイントデータ(点群)を取得するのに適した測量機器です。 3DスキャナーMS60説明は当社技術部門の者が説明いたします。
● 5インチ WVGA タッチパネル 搭載(スワイプ対応)
● 過去の経験を基に新たに開発したCaptivateソフトウエア搭載
● Dual Core CPU 搭載(スキャン全データ表示可能)
● 高速ピエゾドライブ & WFD 高速/高精度ノンプリ
● 高角カメラ&望遠鏡カメラ搭載
● MAX 1,000 point スキャニング機能搭載
● キャリブレーション機能搭載(電子気泡管・コンペンセータ縦・横
 垂直軸の指標誤差・ATRPlus/カメラ中心と十字線・チルチング)
● ATR plus(新 ターゲット補足) & セルフラーニング(自己学習機能)
● IP65、WI-FI & Bluetooth
 

現場での計測作業

複数器械点からの観測も、器械移動はトラバーと同じ!
[ 器械点設定 ] → [ 後視点設定 ] → [ スキャン ]の繰り返し

スキャニング終了時には、1個のモデルデータに統合され、データ出力します!
※ Point 出力後後処理ソフトで統合処理を行う必要はありません。


Hi-Target V100 GNSS 受信機 3年保証

特徴

□国土地理院登録 一級GNSS測量機
□全衛星測位システムに対応したGNSS受信機
・ 220チャンネル測位
・ NGS認証済GNSSアンテナ
・ GPS,GLONASS,GALILEO,BDS,SBAS,QZSSに対応
・ 独自のアンテナ技術によりマルチパスを低減
□軽量・コンパクト
高さ57mm / 直径127.5mm / 重量700g
□ネットワークRTKへシームレスに接続
固定局・移動局を用いた標準的なRTK測位に加え、ネットワークRTKにも対応します。

□過酷な使用にも耐える堅牢な設計
・ 3m落下試験にも耐える堅牢なボディー
・ 防塵・防水性能 : IP67
□充実のインターフェース
・ Dual Mode Bluetooth 4.0搭載。BT 2.1互換
・ NFC機能により、ワンタッチでBluetoothペアリング
□大容量リチウムイオンバッテリー
6300mAhリチウムイオンバッテリー搭載。一日の作業を余裕でこなします。


RTKコントロールソフトウェア Hi-Survey

Android端末で動作するRTKコントロールソフトウェアHi-Surveyは、 RTK測量の設定と観測をトータルで行う、コントロールソフトウェアです。測位データの収集から、測設・路線測量まで必要な機能を網羅しています。

特徴
・Android (Ver.4.0.3以上)動作
・RTK/PPK/スタティック観測設定
・多彩な観測機能
・ポイント測設、ライン測設、路線機能
・チルト測量対応(V90plus使用時)
・DXFデータ、Googleマップを背景に使用可

Hi-survey ソフトウェア簡易マニュアル( 簡易取説です。製品には、詳細版も付属します。 )

【4つのタブで構成されるメニュー画面】

各アイコンは4つのタブに分類され、機能の選択・移行を視覚的に行う事ができます。

プロジェクト
Projectの管理、座標系パラメータの算出・管理、座標ライブラリ(観測・測設・既知点座標リスト)の管理 データのエクスポート・インポートなど

デバイス
受信機との接続設定、固定局・移動局の設定、コントローラの設定、スタティック測量の設定 データのエクスポート・インポートなど

測量
観測、測設(杭打ち)、路線計算、横断面観測、土量計算

ツール
各種ツール(単位換算、面積・角度・距離の計算)、交点計算


 

【フローティングウィンドウから、測位状態を簡単に確認】

Hi-survey 画面上に表示されているフローティングウィンドウから、衛星数・DOP・測位状態・受信機電池状態などの情報を 一目で確認できます。 アイコンのタップで、スカイプロット、受信衛星の信号強度、基地局・移動局の座標情報、N-Tripサーバの接続・切断 などの詳細画面に移行できます。


 

【座標系ツール】

・平面直角座標系(19座標系)は定義済み(世界測地系・日本測地系)
・その他、海外の座標系も定義済み。独自に定義することも可能
・現場毎の任意座標系も定義可
・ジオイドモデルをインポートしてジオイド補正
・4・7パラメータ変換を行って、現場内の既知点に整合


 

【多彩な観測機能】

・記録時に写真撮影・録音が可能
・平均値観測
・自動観測(一定時間間隔・距離間隔など)
・背景にGoogleマップ、DXF等を表示


 

【測設機能(杭打ち)】

・ポイント測設
・ライン測設:直線・円弧・クロソイド・円を定義し、定義したライン上に測設
・ライン測設:オフセット値を入力して幅杭測設


 

【路線計算】

・路線の定義(中心線・縦断面・横断面)
・路線測設(中心杭・幅杭)
・横断測量(横断面に誘導し、観測)


 

【豊富な計算ツール群】

・単位・座標系換算機能
・距離・面積の計算
・交点計算


 

【NMEAデータ出力設定】

受信機底面にある5ピンポートからNMEAメッセージを出力できます。
シリアル出力する通信速度・メッセージの種類・出力レートを設定します。

Scroll to top